【名付け親企画】射場(勇)製茶さんの名前のないお茶を飲んでみた!

こんにちは、白猫っちです。

今回は、先日紹介した「しゅんたろう」を作っている
射場(勇)製茶さんの名前の付いていない品種のお茶
花のような香りのする品種』を購入させていただきました( ´ ▽ ` )


そしてなんと名付け親企画をやっていらして
購入した方から名前を募集をするとのことで
わたしも応募してみようと思います!

ちなみに、わたしのネーミングセンスは皆無です笑



※こちらのお茶は6/8で販売は一旦終了しています。
名前が決まったのちに再販する予定とのことです!

スポンサーリンク

射場(勇)製茶さんにしかない特別なお茶!

ちらの名前のない品種のお茶は、
射場(勇)製茶さんにしかないお茶の木から作られている煎茶だそうです。

桜餅やお花のような例えるのが難しい独特な香りが特徴とのこと。

どんな香りかとても気になりますね!

桜の葉のような独特な香りが楽しめる

葉は色が濃いめでひとつひとつがしっかりして水分量が多めな印象です。

たしかに甘い香りの中にほのかにサクラフレーバーのお茶で感じたことのある桜の葉のような独特の香りがします。

・1煎目 青みのある花の香りと苦味が特徴的

すすめの入れ方は、
70℃のお湯で3〜5分とのことなので、まずはその通りにいれてみました。


水色は黄色みがかった黄緑色です。
香りは強くはないのですがやはりふんわりと桜の葉のような香りがします。

お味は苦味がまず最初にきてその後にじんわりとした旨み甘みが来ます。

全体的には苦味が強めで、すっきりとそして尖った感じの風味です。

・2煎目 苦味がアクセントのまろやかな風味

煎目は約80℃2分でいれてみました。

水色は1煎目と大差ないですが、にごりが出ました。

青みの強かった香りがやわらぎ、みずみずしい印象が強くなりました。

味わいも苦味が少し弱くなり甘みが増しました
1煎目は尖っていた印象でしたが、2煎目はうってかわってまろやかな印象です。


まとめ

というわけで、
射場(勇)製茶さんの
名前のないお茶『花のような香りのする品種』をご紹介しました!


個人的には台湾烏龍茶とか
ダージリンのファーストフラッシュの味わいに近い印象でした。

また、しっかり苦味を感じますが
逆に甘みが強調されて良かったです。


香りは桜の葉のような独特の香りでした。

わたし、サクラフレーバーは香りが好きなのですが
塩気のある風味がなければもっといいのになーと思っていたので
このお茶ならいいとこ取りだ!と思いました( ´ ▽ ` )

あとは色々温度とか変えて
よりお気に入りのいれ方を見つけたいです!


あ、ちなみに名前はこっそり考えて
こっそり応募済みです( ^ω^ )笑




射場(勇)製茶さんでは、
他にもいろいろなお茶を取り扱っています!
ご興味のある方はショップの方覗いてみてください〜!

射場(勇)製茶 powered by BASE
日本で1番早く取れる種子島で作られたお茶を製造、販売しています。射場(勇)製茶は小さな製造機械を使っており、より手揉みのように味わい深く、香りが高いのが特徴です!そのため、本場静岡の市場でも高い評価を受けております!1番美味しく、最高級とされている1番茶を使用し お茶は日本茶アドバイザーの資格を持つ者が厳選、丁寧に仕上...


先日紹介した「しゅんたろう」も美味しかったです( ^ω^ )



TwitterやInstagramで更新情報等つぶやいています。
良かったら下のボタンからフォローお願いします♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました