【射場(勇)製茶】新茶しゅんたろう(刈番) を飲んでみた!

こんにちは、白猫っちです。
今回は、鹿児島県の種子島にあるお茶農家さん
射場(勇)製茶 さんの『新茶しゅんたろう(刈番)』を飲んでみました( ^ω^ )





しゅんたろうは超希少品種とのことで、
もちろん初めて飲みます!

とても楽しみです( *`ω´)

新茶しゅんたろう(刈番) ってどんなお茶?

ゅんたろうは、先ほども少し書きましたが、日本全国生産量が1%にも満たない超希少品種のお茶です!

まろやかで野性味のある味わい優しい香りが特徴とのこと。


また、1番茶と2番茶の間に収穫されるのが「刈番」です。

あえて大きく成長させてから摘まれた刈番かつ、火入れもしていないそうなので自然なお茶本来の味と香りを存分に楽しめる商品とのことです!

スポンサーリンク

さっそく飲んでみよう!

っそく開封しました( ´ ▽ ` )

茶葉は写真のように茎や葉が混じっていて葉の大きさはバラバラです。

香りは甘い中に葉の青い香りが混じっていて爽やかな感じがします!


取ったそのままって感じが良いですね(*^ω^*)

1煎目 まろやかで素朴だけど茶葉の青い香りも楽しめる

煎目。お店からのおすすめの淹れ方通りの熱湯30秒でいれました。


水色は少しにごりのある黄色みの強い黄緑色です。

香りは、優しく素朴ですが生の茶葉の青い香りもあるので、自然を感じ、リラックスできる香りです。

一口飲むとじゅわっとまろやかな旨みと茶葉の青い感じが口に広がり、すぐにすっきりとした味わいに変わります

渋みも少なく後味はとてもあっさりしていますが、爽やか!というよりはやさしくまったりする印象です。

2煎目 後味がとても爽やか!

煎目です。同じく熱湯30秒で淹れました。


水色は1煎目と同じく黄色みの強い黄緑色。
2煎目の方が透明感があります。

香りは素朴でありながら青い香りが落ち着き1煎目よりも少し甘い香りを感じます。

味は1煎目よりさらにすっきり
茶葉の青い風味が今度は後味に強く感じられます。優しい感じは残しつつ爽やかな味わいです。


ダージリンの春摘みに似てるな〜という印象を持ちました!(つまりめっちゃ好き)

まとめ

というわけで、
射場(勇)製茶さんの
『新茶しゅんたろう(刈番)』の紹介でした。


野性味のある青い葉の風味がありつつ
素朴で優しいまろやかさもある
飲んでてリラックスできるようなお茶でした( ^ω^ )

自分はとげのないまろやかな風味や
すっきりとした葉の青さを感じるようなお茶が好きなので個人的にはかなり好きな風味でした!





後日、YouTubeでも紹介動画を上げさせていただきますので
良かったら動画も見てみてください♪

動画ではいろんな淹れ方で楽しんでみようと思います!
アップしたらTwitter等でお知らせいたします( ´ ▽ ` )




そして気になった方は
売り切れる前にぜひ購入してみてください♪

射場(勇)製茶さんのショップURLはこちら↓

射場(勇)製茶 powered by BASE
日本で1番早く取れる種子島で作られたお茶を製造、販売しています。射場(勇)製茶は小さな製造機械を使っており、より手揉みのように味わい深く、香りが高いのが特徴です!そのため、本場静岡の市場でも高い評価を受けております!1番美味しく、最高級とされている1番茶を使用し お茶は日本茶アドバイザーの資格を持つ者が厳選、丁寧に仕上...




TwitterやInstagramで更新情報等つぶやいています。
良かったら下のボタンからフォローお願いします♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました