「ウサギ×アフタヌーンティー」〜ルピシアのポルトボヌールレポその3〜

こんにちは。白猫っちです。
今日はポルトボヌールレポ3日目。「ウサギ×アフタヌーンティー」です!

またまた紅茶ですね。今日もまた違ったお味の紅茶をいただけるのでしょうか。
楽しみです。るんるん。

幸福のシンボルとしてのウサギ

今回は、ウサギのモチーフということで、ピンクのパッケージに駆け回るウサギといった感じです。

ウサギには可愛らしいイメージがあるので、悪いイメージではないですが、どのような由来で幸福のシンボルなのか見ていきましょう。

ヨーロッパでは、ウサギは人間の身近に生息する生き物です。

地面に巣穴を巡らせて生活するウサギは、物語の中で大地の女神がいる地下の世界と地上の世界、また月面をも自由に行き来する特別な存在として書かれています。

トリックスターと呼ばれる存在のようです。

またウサギは子沢山であるため、子孫繁栄のシンボルでもあるそうです。

さらに前向きに跳躍する姿からは富や成功をもたらす象徴にもなっているようです。

ウサギとアフタヌーンティー

私の個人的なイメージだと、ウサギはアリスの世界のイメージが強いので、ティーパーティー…アフタヌーンティー!という印象なんですが、

ちゃんと幸福のシンボルとしてのウサギから考察していきますね。(笑)

アフタヌーンティーは産地とかではないのでおそらくブレンドティーだと想像します。

様々な世界を自在に行き来して繋ぐトリックスターというところから、異なる産地の茶葉をブレンドしているお茶ってことなのでしょうか。

アフタヌーンティーを実飲!

花粉症で鼻がつまり気味なので、開封時の匂いが感じ取れなかったのですが(無念…)、
茶葉は前回のダージリン・ザ ファーストフラッシュよりかは小さめな印象。そして大きさはまばらな感じです。


予想した後に調べたらちゃんとブレンドティーだったので、違う種類の茶葉が混ざっていてまばらなのかと。

抽出時間は2~3分。ブレンドティーは少し長めに抽出するのですかね。
勉強不足ですな。アッサムをベースにしてダージリンをブレンドした紅茶だそうです。

水色はこんな感じ。綺麗な紅茶色で、濃くはないですね。白いティーカップに入れたら、

ザ・アフタヌーンティー!という雰囲気を醸し出しそうな色です。ケーキと一緒に置きたい。

お味も説明書きの通りですね。基本はアッサムで、香りづけのような感じでダージリンという印象です。

渋みもあまりなく軽い口当たりでもコクもあってストレートで十分に楽しめるお茶です。

軽やかですが、味もしっかりしているのでミルクティーにも良いとのことなので、家にあった豆乳を少し入れてみました。

豆乳の味にも負けずに絶妙な調和でした。美味しい。

5101 アフタヌーンティー ティーバッグ10個 パック入
強いコクのアッサムをダージリンで軽やかにした、ミルクティー向きの紅茶。

公式のページです。

ウサギ×アフタヌーンティーのまとめ

富や成功をもたらし、トリックスターでもあるウサギをモチーフにしたアフタヌーンティーですが、

可愛らしい見た目と裏腹に力強く駆け巡るウサギのように、軽やかな口当たりであるのに芯のある紅茶でした。

また、上流貴族の嗜み、アフタヌーンティーを騙るだけあるお味でした。

次回は、「鍵×ベルエポック」を開封します。お楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました