【ダージリン】ルピシアの『キャッスルトン ムーンライト』を飲んでみた!【2021】

こんにちは、白猫っちです。

今回は念願の初キャッスルトンです!
ルピシアさんの『キャッスルトン ムーンライト 2021-DJ36』を飲んでいきたいと思います( ^ω^ )


去年はまだ味の違いがわかるか不安で購入していなくて
今年こそはということで購入しました!しかもムーンライト!

本当は通常のキャッスルトンも欲しかったのですが
お財布が寂しすぎたので断念せざるを得ませんでした…。
(情けなさすぎる…泣)


来年こそは買う( ;∀;)!



…とまあ、
ひとまず紹介していきたいと思います!笑

スポンサーリンク

ダージリンの世界的名園の特に素晴らしいお茶

ャッスルトンはダージリンの茶園の中でも特に有名な世界的名園ですが、
そのキャッスルトンの中でも特に素晴らしい出来栄えのお茶は「ムーンライト」という名前がつけられます。


上品な花を思わせる優美な香り甘くみずみずしい味わいが重なり、心地よい余韻がいつまでも続くのが特徴。

○商品情報

商品名:キャッスルトン ムーンライト 2021-DJ36
内容量:20g袋入/20g缶入
価格:3,200円/3,480円

甘い香りと上品な花のような味わい

っそく開封しました( ´ ▽ ` )

茶葉からして普段飲んでいる紅茶とは違いますね…。
ひとつひとつの葉が大きくて肉厚(という表現があっているのかわかりませんが…)です。

香りはみずみずしく甘い香りです。上品な花のような香りもありつつみずみずしさもあるので個人的には果実っぽさも感じました。

ストレート:圧倒的上品な甘さを感じられる

ずはストレートのホットで楽しみます。

パッケージに書いてあるおいしいいれ方に従って、85〜95℃のお湯で2分浸出していきます( ^ω^ )

水色は淡く黄色とオレンジの中間くらいの色です。支子(くちなし)色とかが近いでしょうか?

香りは甘くはちみつのような香りやさしく香り立つような印象です。

肝心の味わいですが、まず口に含んだ瞬間甘みを強く感じます。その後鼻に花のような上品で華やかな香りが抜けていってその余韻が長く感じられます

水出し:香りや味わいはあまり変わらずすっきりと飲める

煎目は水出しにしました。
200mlの水で6時間ほど抽出。

水色はこちらも黄色とオレンジの中間くらいですが、少し濃い色になっています。


香りは甘くフルーティーな印象。
水出しなのでそこまで強くはなくすっきりとした香りです。

味わいはホットでいれた1煎目と似たような印象を持ちますが、後味が水出しの方がすっきりとキレのある感じです。

まとめ

というわけで、
ルピシアさんの『キャッスルトン ムーンライト 2021-DJ36』を紹介しました!

憧れのキャッスルトンをついに飲みました〜( ´ ▽ ` )
やっぱり王者の風格というか
いやな雑味がないので上品な香りと風味が邪魔されることなく堪能できるお茶です。


今まで飲んだことのある
ダージリンファーストフラッシュとはいい意味で全然違いました。
わたしの好きな葉の青みもあるのに、
青くさいという感じではなくてもう脱帽という感じです。


年によっても出来栄えが違うと聞くので
来年も購入できたらしたいなと思いました!


YouTubeにも紹介動画あげました!
よかったら見てみてください( ^ω^ )



TwitterやInstagramで更新情報等つぶやいています。
良かったら下のボタンからフォローお願いします♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました